地域住民であれば誰でも利用出来る【自治体のゴミ回収】上手く活用しよう

- ルールを守って回収してもらおう

新着情報

●2015/03/04
ライターとコンタクトを取るの情報を更新しました。
●2015/03/04
サイトマップの情報を更新しました。
●2015/03/04
ルールを守って回収してもらおうの情報を更新しました。
●2015/03/04
自治体回収で不可となる品目についての情報を更新しました。
●2015/03/04
一工夫をすればより便利にの情報を更新しました。

ルールを守って回収してもらおう

各都道府県ごとのルールに従って粗大ごみを回収できるというシステムがあるのはご存知だろう。
これは、地域住民であれば全ての方を対象として行っているサービスである。
ただし、これらにはルールと言うものが存在しているのだ。
利用をするのであればこのルールを守って依頼をしなくてはならないのである。

粗大ごみに分類されるもの

粗大ごみに分類されるものであるが、各自治体ごとに多少の違いというものがあるのだ。
例として炊飯器を取り上げてみると、指定のゴミ袋に入ることを条件に「不燃ごみ」で回収できるという地域もあるのだ。
しかし、これに該当しない場合は不用品回収として受け付けてもらうこととなる。
同じ品目であってもこのように不燃ごみとして回収できるものもあるのだ。
このことから、コストパフォーマンスなどを考えて依頼をするのもまた良いであろう。
もちろん、該当品目ではないのに無理矢理に不燃ごみとして出しても回収されないので注意することが必要だ。

重量・大きさによって料金が異なる場合も

同じ品目であっても、大きさや重量によって回収料金が異なるケースがあるのだ。
不用品回収には「粗大ごみ」と「大型粗大ごみ」の2種類に分類されるのである。
もちろん、大きさや重量は一定のガイドラインがあるのでそのルールに乗っ取った回収料金を支払わなくてはならないのだ。
一般的な民間業者と自治体サービスとは違うので、融通を利かせてもらうなどという事は出来ないのである。
料金などに納得・認識した上で利用をすることが第一である。

そのままの状態で出すだけではない

中には作業中に広がったりバラバラになってしまうという恐れがある品目もあるのだ。
例えば、ブラインドや組み立て式・開閉式の家具などである。
こうしたものに関しては、スムーズな作業と安全の為に事前に梱包紐やガムテープなどでしっかりと固定をして出すことが必要となるのである。
また、組み立て式の家具を解体して回収してもらう場合には「ひとまとめ」にすることも重要である。

これらのスタンスは全てに通じる

こうしたルールは、回収というスタンスであれ持込みというスタンスであれ共通のルールとなるのだ。
複数の回収品があるという場合はその上限数も確認しておくことがスムーズなのである。

ルールを守れば便利に活用できる

このように、ルールと言っても難しい手順などが必要なものではないのである。
このことからそのルールさえ守ることができれば日常生活の中で便利に活用することができるのである。