地域住民であれば誰でも利用出来る【自治体のゴミ回収】上手く活用しよう

- 自治体回収で不可となる品目について

自治体回収で不可となる品目について

不用品を回収してもらいたいという場合、自治体サービスを活用するという人も多いようである。
粗大ごみなど日常生活を送る上で出てしまうこともあるのだ。
リサイクルでの回収なども行っている自治体であるが、当然ながら回収不可能な品目もあるのだ。

事業系・産業廃棄物など

あくまで「一般家庭から出たごみ」が自治体サービスを利用しての不用品の回収方法となるのである。
このことから、事業ごみと呼ばれるものや産業廃棄物などについては受付を行っていないのだ。
こうしたものに関しては、専門の業者を利用するなど対策をすることが望ましいのである。

医療器具類

薬品瓶や点滴・注射器や針というものも回収不可となっているのだ。
これらが家庭で出るという可能性は低いのであるが、疾病などによっては在宅でこうしたものを使用することも考えられるのである。
このような場合、各病院などで回収されることもあるのでそうした手段を用いるようにすることとなるのだ。

家電リサイクル法に指定されている品目

意識としても馴染んできた家電リサイクル法であるが、このような品目に関しては自治体サービスによって回収することは不可能となっているのだ。
家電メーカーや購入店・民間回収業者などを利用して廃棄するようにしていただきたいのである。

詳細について

詳細に関しては、小冊子や広報誌に記述されているかと思うので確認をしていただきたいのである。
分からない場合は、電話で問い合わせることも可能なので利用してみると良いだろう。