地域住民であれば誰でも利用出来る【自治体のゴミ回収】上手く活用しよう

- 回収手続きや方法での詳細・疑問

回収手続きや方法での詳細・疑問

粗大ごみを廃棄したいというとき、手軽にそして誰でも利用しやすい手段として自治体サービスが存在しているのだ。
この方法だと、安心しやすいという声も多く不用品を回収してもらうにしても比較的に安価で利用できるのが特徴である。
こうしたものを利用するときの疑問点や戸惑いがちな部分について触れて行きたいのである。

シール購入について

各地域において、シールを取り扱っている店舗が存在しているのでそちらで購入していただくことができるのだ。
店舗に関しては小冊子や広報誌などに記載取れていることも多いようである。
分からない場合は問い合わせをすると良いであろう。
有効期限などもないので、よく利用するという場合にはまとめて購入しておくという人もいるようだ。
なお、店舗には事業系シール(産業廃棄物を捨てるときに必要なもの)なども合わせて売られている地域があるので、間違えて購入をしないようにしていただきたいのである。

料金について

料金に関しては、500円という地域が多いようである。
大型の粗大ごみに関しては、1枚1000円というところが大半である。
これらを料金に合わせて数枚貼り付けることが必要になることもあるのだ。
料金差というものが、地域によって若干あるということも念頭においていただきたい点である。

利用回数について

月ごとの利用回数上限は設けられていない地域が多いよう出るが、1回につき「10品目まで」などという制限が設けられている地域が多いようである。

詳細を知るともっとスムーズ

リサイクルで回収を依頼するときも同様のスタンスである。
このように詳細を知っておくともっと便利に活用できるであろう。

  ← 前の記事:   次の記事: