地域住民であれば誰でも利用出来る【自治体のゴミ回収】上手く活用しよう

- 特例的な措置について

特例的な措置について

不用品を回収してもらいたいという方の中で、自治体サービスを積極的に利用する人も多いようである。
しかし、難点として「自らが搬出を行う」という事が考えられるのだ。
状態によって困難だと判断された人に対して「特例措置」がとられることもあるのだ。
このような場合に該当する人について触れて行きたいのである。

高齢者の1人暮らし

70歳以上(年齢は各地域によって多少異なる場合もある)の高齢者の「1人暮らし」を対象として運搬を作業員が行ってくれる場合があるのだ。
このような場合、電話申し込み時に粗大ごみの品目や氏名とあわせて運搬をお願いしたいと申し出ることが必要である。
年金・保険証などの番号を聞かれたり当日確認されることもあるので手元に証明できるものを用意しておくことが大切である。

身体障碍者の方

障碍者手帳を所持している方の中には上記の措置に該当する場合もあるのだ。
等級などによって利用可能か不可かが分かれる場合もあるので電話申し込み時に伝え確認して盛ることが大切である。
こちらにおいても、証明できるものは手元に用意しておくようにしたほうがスムーズである。

基本的には自らの運搬が必要

対象者は少ないのであるが、このような措置も用意されているので該当者を利用してみると良いであろう。
家族などと同居であるという理由で障碍者でも措置がとられないという事もあるので合わせて確認をしてみることをおすすめしたいのである。
各自治体によってこのような措置が設けられていない場合もあるようだ。
リサイクルの利用を申し出る時もこれらの制度に変化はないのである。
産業廃棄物を始めとする回収不可の品目に関しても同様である。